FC2ブログ

 アオゾラ散歩

 青い空の下散歩するように のんびりと日々のアラシゴト・ジブンゴトなどを綴ります。 よろしければ、お寄りください♪




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
GANTZ PERFECT ANSWER :: 2012/04/28(Sat)

久々に観た~

そしてやっぱり 泣けた

ちょいちょい いろんなシーンが
カットされ残念だったけど
(若葉くんが慟哭するところとか
卒業生たちの採点画面とか)
新たに再編成した映像が入ってたりして
楽しめました

最後の加藤の地下鉄のくだりは
全く初めて観たシーンだったので
ちょとびっくり…


つうか、日常に戻った元戦士達の心の奥底で
何となく、くろのくんの存在を意識しているのかな…と確信したシーンでした。

だけど、記憶を消されて解放された戦士とは裏腹に
秘密を知ってしまった重田さんが
そのまま現実に戻されてて、

そんな話誰も信じないよねってところが
彼の悲劇かと…

ずっと引きずって生きなくちゃならないのは
可哀想だよね。
もう無くなってしまった世界を信じてる訳だから…


実は未だにくろのくんの出した答えは
納得できてない私なのだが

GANTZ球に書いてあった 永遠 という文字が
劇場で観た時には理解出来なかった
答えなのでは…と、今思う。

ただただくろのくんの自己犠牲だけではないと。

終わらせなきゃいけないものへの答え、
引き換えに得るものがあったのではないかと。

そう考えると くろのくんの行動も
何となく理解できそう…

また何度か観て、理解を深めよう


それにしても…


劇場版よりも長かった最後のあのシーン。

無駄にドキドキしたぁ


にの、がんばったね
まさににのの全てを"出し切った"という
感じで

この映画にかける思いも感じられました。

できることならまた劇場で観たいなぁ
切に願います。

25日の記事に拍手下さった方、
ありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト


  1. ジブンゴト
  2. | comment:0
<<GANTZからの。 | top | 怒涛の。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。